日本ポリオレフィンフィルム工業組合 ポリエチレン・ポリプロピレンフィルムについて情報提供を行っています。

ポリオレフィンフィルムQ&A

ポリオレフィンフィルムに関する疑問、質問にお答えします。より詳しくなって更に正しく利用していただける事を願っています。

Q1. ロール状ポリ袋(HDPE)の加熱調理使用は問題ないのか?

A1.
昨今、書籍やTVで「ポリ袋レシピ」が紹介されていることは、皆様ご存じと思います。この「ポリ袋レシピ」の中にスーパー等のサッカー台(商品をバッグやレジ袋に詰める場所)に設置されているロール状のポリ袋に食材を入れて鍋などを用いて加熱調理する方法が記載されています。
日本ポリオレフィンフィルム工業組合としては、このような使い方は、ロール状ポリ袋の本来の使用方法と違う誤った使い方で、場合によっては火傷等の事故につながる恐れがありますので十分注意をすることを呼びかけています。
このロール状ポリ袋は、高密度ポリエチレン(HDPE)を原料とし、濡れた物などを包み込むためのもので、非常に薄く作られており加熱調理等に使用できる商品ではありません。
なお、耐熱性表示のあるプラスチック製の袋が市販されておりますので、品質表示等を十分確認し、使用上の注意を守り目的に合った袋の使用をお勧めいたします。

ページトップへ戻る

Q2. ポリ袋とビニール袋は違うものですか?

A2.
日常生活で見かけるプラスチックフィルム製の袋、たとえば食品を包装している袋や買い物袋などは「ポリ袋」です。本来、 塩化ビニル樹脂製の袋が「ビニール袋」ですが、現在では包装材として私たちの身の回りで見かけることはほとんどなく、 一般的に「ビニール袋」と呼ばれているものの多くは、ポリエチレンやポリプロピレンでできているので、「ポリ袋」と呼ぶの が正しいのです。日本では塩化ビニル樹脂の方が歴史が古いため、ビニール袋という名称が一般化したようです。

ページトップへ戻る

Q3. ポリ袋は燃やしても安全ですか?

A3.
ポリ袋は炭素と水素からできています。そのため、ポリ袋を焼却しても水と炭酸ガスになり、塩化水素などの有害なガスを 発生させることはありません。ですから、繰り返し利用されて最終的にごみになっても安全に焼却処分できるので、埋立処 分することなく、ごみ発電や地域暖房などのようにエネルギーとして有効利用できます。

ページトップへ戻る

Q4. ポリ袋には、どのような特徴がありますか?

A4.
ポリ袋には以下のような特徴があります。
薄い/軽い/丈夫/防水性・防湿性が高い/油や薬品に強い/衛生的/毒性を含まない/コストが安くて経済的/透明度が高い/着色や印刷が自在また、少ない資源で重いものや水分を含んだものも安全に包むことができるので、食品包装やごみ袋などには最適な素材だといえます。

ページトップへ戻る

Q5. ポリ袋の仲間にはどのようなものがありますか?

A5.
ポリオレフィンフィルムはポリ袋以外にも、医薬品・雑貨の包装や食品用ラップフィルムとして用いられるなど、身近なところ で利用されています。
また、普段目に触れないところでは、新聞運送やパレット輸送用の包装、工業製品や産業資材の包装に多く使われ、物流効 率を高めています。また、農業の分野では地面を覆うマルチフィルムやトンネル、ハウスに使われ、土木・建築分野でもコン クリートの養生や雨風よけ、防塵用に多く使われています。

ページトップへ戻る

Q6. ポリ袋を上手に使うにはどうしたら良いのですか?

A6.
ポリ袋はとても丈夫なので、買い物袋や小袋は繰り返し利用(リユース)できます。小物の整理やプレゼントなどにも使えま すし、旅行の時にポリ袋を持って行くと何かと便利です。最近では買い物袋持参運動も盛んになり、普段の買い物の際にポ リ袋を持参する方も増えてきました。ポリ袋は何度か使われた後、生ごみなどを入れて捨てるのに利用されることも多いよ うです。ポリ袋に汚れが付いて使えなくなった時には、衛生面も考慮して処分してください。

ページトップへ戻る

Q7.ポリ袋はリサイクルできるのですか?

A7.
ポリ袋は熱可塑性樹脂でできていますから、加熱して別の形に再加工できます。生産現場で出るスクラップや使用済みの 業務用フィルムの中には、再製品化されるものもあります。最近、一部の新聞社では、新聞の配送用に使っているポリ袋など を新聞販売店から回収してリサイクルする試みが始まっています。
一方、一般家庭で利用されたポリ袋などは油や食品などの汚れが付着していることが多く、再製品化は困難ですから、その 場合、いわゆるサーマルリサイクルとしてエネルギー回収を図るのが望ましいといえます。

【ポリオフィレンフィルムのリサイクル事例】

再製品化 ・・・・・・・   フィルム製品、杭、物流パレットなど
燃料や熱利用 ・・・・・・・ 固形燃料、コークスの代替燃料、焼却熱利用・発電、セメントキルン向燃料
化学利用 * ・・・・・・・  油化、製鉄所高炉の還元剤、ガス化、コークス炉の化学原料化
* 容器包装リサイクル法に定められた「プラスチック製容器包装分別基準適合物」の再商品化手法

ページトップへ戻る

Q8. リサイクル製品のポリ袋はありますか?

A8.
リサイクル製品のごみ袋
代表的なリサイクル製品は黒いごみ袋です。工場で出るスクラップからつくられるため、色ムラが出ることも多く、黒い着色 剤を添加して仕上げられています。このように、リサイクル製品をきれいに仕上げようとすると黒や灰色などの濃い色にな りますが、手提げ袋などの商品もつくることができます。資源を有効に活用し、社会全体で廃棄物を減らすためにもリサイ クル製品を優先的にご利用ください。

ページトップへ戻る

Q9. ポリ袋に炭酸カルシウムを混ぜると炉を傷めないというのは本当ですか?

A9.
ポリ袋に炭酸カルシウムを混入させると焼却した時に発熱量が抑えられ、ごみ焼却場の炉を傷めないと言われています。し かし現実には、ごみの組成は一様ではなく燃え方も違うので、必ずしもそういった効果が得られるとは限りません。また現在 、全国のごみ焼却場ではダイオキシン対策が取られ、高温で連続的な焼却が可能な設備が多くなっています。ごみ袋に炭酸 カルシウムを入れた場合、1gあたりの発熱量は減少しますが、強度が落ち、ポリエチレンをより多く必要とするために、1枚 あたりの総発熱量は増加します。なお、炭酸カルシウムは燃焼しませんので、残灰と共に埋め立てられます。

ページトップへ戻る

Q10. ポリ袋は環境にやさしいのですか?

A10.
ポリ袋は軽く、薄く、丈夫なため、少量の資源で快適な生活を送るお手伝いができます。また燃やしても安全なので、最終処 分に際しては埋め立て処分することなく、焼却して発電やその他の熱利用によりエネルギーの回収が可能です。 ポリ袋は再利用し、適切に処分することによって、地球環境への負荷が少ない環境にやさしい製品となるのです。

ページトップへ戻る