日本ポリオレフィンフィルム工業組合 ポリエチレン・ポリプロピレンフィルムについて情報提供を行っています。

組合の取り組み

当組合では組合員の方はもちろんのこと、一般の方にとっても有益になると思われる情報の発信などの活動を行っております。

活動の一部をご紹介します

  1. 経営改善、環境対策、広報等、業界の改善発展に資する事業
  2. ポリオレフィンフィルム製造業に関する指導、教育、情報等の提供
  3. 職業能力開発促進法に基づく、国の技能士(フィルム)の技能検定試験(実技)の代行
    実施並びに通信制の職業訓練校の運営(修了者は技能検定試験のうち学科試験免除)
  4. その他組合員企業並びに従業員の向上に資すること(独自PL保険制度など)
  5. その他広報、指導教育事業等組合員の向上に役立つこと

ISO14,000レベル取得企業各位へ 雑色袋を使ってください! ポリ袋メーカーの願い

あなたは雑色ポリ袋を知ってますか?動物の雑種のように、いろいろな色の原料が混ざってできるポリ袋です。原料はポリ袋を製造する段階で生じる切り屑などです。
ポリ袋メーカーの悩みの種がこの切り屑の用途です。色や量が一定でないので、特定の色に仕上げることはできず、色を指定されるごみ袋にさえ使えないからです。
さりとて、利用できなければ捨てればいいと簡単に言うこともできません。今は中国などに有価物として引き取ってもらっていますが、近い将来には日本国内で処理せざるをえないことは明らかです。
ところが皆さんもご存知のように、国内の廃棄物処理能力は限界に近づいています。つまり捨てる場所がなくなっているのです。どの産業でも同じことが起きています。
この問題を解決する方法には循環型の産業システム構築しかありません。ごみを捨てずに再利用することです。ポリ袋メーカーで考えれば、雑色ポリ袋の用途を見つけることが急務なのです。

雑色ポリ袋の品質は通常の商品と同じですが、問題は色が一定でないことです。となると、手近かな用途としてはごみ袋ですが、品質に敏感な日本人の性質と、自治体の色指定とがあいまって、現在では買い手が見つからない状況です。
そこでわたしたちが期待するのがISO14000レベルを取得した企業、つまり環境問題に強い関心をもつ企業です。環境問題は企業内部から近隣、国家、世界へと無限に広がる人類共通の課題で、高い見識と行動力が要求されます。
この広い視野から見れば、雑色ポリ袋は小さな問題です。しかし裏返しに見れば、雑色ポリ袋は大きな問題の一部とも言えます。この解決に多くの企業が理解し、協力してくださることを切に期待します。
メーカーにはISO14000レベルを取得した企業もいます。わたしたちは意識の高いメーカーとユーザーの共同作業が環境問題解決の第一歩となることを確信します。
あらかじめ申し上げますが、国内原料価格の制約から、雑色ポリ袋は必ずしも安くありません。この点を理解され一歩を踏み出されることをお願い申し上げます。

 
ページトップへ戻る